生涯アスリートである

自分が学んだことや考えたことをアウトプットしています。

自信の付け方?筋トレして姿勢を正すだけで良いぞ

人生で成功するために必要なもの。

 

何か分かりますか?

 

それは、自信です。

 

例えば、あなたが不動産の購入の営業を受けているとしましょう。

 

もしその営業マンがヒョロヒョロで、自信無さげな様子だとどんな印象を受けるでしょうか。

 

僕なら、その営業マンを信用することが出来ないでしょう。

 

自信なさげに不動産をオススメされても、説得力が無く、「この営業マン本当のことを言っているのか?」と疑ってしまいます。

 

それに対して、自信たっぷりに不動産をオススメ、説明された場合はどうでしょうか。

 

おそらく、話に説得力を感じ、「この人は本当のことを言っているんだろうな・・・」と思ってしまうでしょう。

 

人生が成功するかしないかの差は自信があるかどうか。

 

その違いだと思います。

 

自信があれば、やったことがない新しいことにも果敢に挑戦することが出来、大きな成功を収めることが出来るかもしれません。

 

自信が無ければ、「僕にはどうせ出来ない・・・」「どうせ出来っこない」と考え、新しいことに挑戦することはしないでしょう。

 

人生で成功するためには、新しいことに挑戦することが不可欠です。

 

恋愛も自信があれば制することが出来る

人生においておそらく最も重要なことである恋愛にも自信が不可欠です。

 

自信が無いと、自分が想う女性がいても、「どうせ僕なんか相手にされない・・・」「僕よりもっとふさわしい人がいるはず・・・」と、消極的になり、理想の人をパートナーにすることは出来ないでしょう。

 

自信があると、「俺様がこの人に1番ふさわしい!!!」「絶対に口説き落としてみせる!!!」と、意中の女性にアタックすることが出来るでしょう。(僕はそこそこ自信がありますが、女性にアタックしたことありません)

 

そんな人生において重要な役割を果たす自信。

 

どのようにして付けることが出来るのでしょうか。

 

自信はどう付けるの?

1番手っ取り早い方法は、背筋を伸ばし、姿勢を正すことです。

 

姿勢を正すことで、気持ちがシャキッとし、何だか清々しい気持ちになることが出来ます。

 

清々しい気持ちになり、気分が晴れると、「今なら何でも出来る!」という万能感を得ることが出来ます。

 

姿勢を正すことに加えて、筋トレをして筋肉を付けるとなお効果的です。

 

筋トレをすると、テストステロンという男性ホルモンにより、活力、自信に満ち溢れ、行動的になることが出来ます。

 

行動的になると、自分が成功出来るか分からないことでも何でも試してみるようになり、そして、それが成功するとさらなる自信を持つことが出来るようになるでしょう。

 

また、商談や上司と話す時でも、筋肉があればいつでも葬ることが出来るようになるため、商談相手や上司が怖くなくなります。(本当に葬ったら犯罪ですよ!!)

 

これはtestosteroneさんの本でも同様の内容が書かれていますね。

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

この本は、筋トレのことだけでなく、人生で成功するために大切なことがたくさん書かれているので、筋トレをしている人もしていない人も一度は読んでみることをオススメします。

 

「筋トレが全てを解決する」というのは流石に無理があると思いますが、この本を読むと本当にそうかも!と思ってしまいます。

 

このteststeroneさんの本は、他にも種類があるので、色々読んでみると人生が捗るようになるでしょう。

 

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

 

 

 

筋トレ英会話  ビジネスでもジムでも使える超実践的英語を鍛えなおす本 (単行本)

筋トレ英会話 ビジネスでもジムでも使える超実践的英語を鍛えなおす本 (単行本)

 

結論:人生を成功させたいなら筋トレするしかねえ

 

人生で成功するために必要なものである自信。

 

そしてそれを付けるための筋トレ。

 

筋トレは自信だけでなく、カッコイイ肉体や健康も手に入れることが出来ます。

 

一石二鳥ならぬ、一石三鳥、否、一石百鳥あると言っても過言ではないでしょう。

 

筋トレをして皆が自信を持ち、ビジネスで成功すると、日本が裕福になり、経済成長に貢献出来るかもしれません。

 

日本のために筋トレをしましょう!