生涯アスリートである

自分が学んだことや考えたことをアウトプットしています。

参考にならないようで参考になる就活体験記

大学三年生の皆さん、そろそろ就活に向けて動き出している頃でしょうか?

 

夏にインターンを経験した人や、もうすでに選考が始まっている人もいるのではないでしょうか。

 

就活に向けてどう動けばいいか分からないという人もいると思います。

 

というか、そういう人が大多数だと思います。

 

僕も説明会解禁日まではどのように選考に臨めばいいのか、何をしないといけないのか分かりませんでした。

 

なんとなーく周りの雰囲気に合わせて説明会に行ったり、面接を受けていただけでした。

 

そういった、就活って結局何をすればいいのか分からないという人のために僕の就活体験記を書こうと思います。

 

※あまりまともに就活をやっていないため、参考にならないかもしれません。

 

最初は公務員志望だった

僕は、大手の不動産会社から内定を頂きましたが、最初から不動産会社を志望していたのかというとそうではありません。

 

最初は公務員志望で、地元の市役所、もしくは国立大学法人の職員を志望していました。

 

公務員を志望し始めたのは、大学三年生の五月頃で、当時はまだ職種や業種について何も調べておらず、ただ、安定しているという理由だけで公務員を志望していました。

 

今の時代、何が安定かは分かりませんけどね。

 

公務員試験の講座が大学生協のものや予備校のものなど色々ありましたが、自分で参考書を購入し、独学で勉強をしていました。

 

インターンには参加しなかった

大学三年生の夏休みに入ると、インターンに参加する人が増えてきます。

 

僕は「インターンとか行く意味無くね?どうせ選考に有利になるわけじゃないし」と考え、民間企業のものはおろか、公務員のものも参加しませんでした。

 

今になって思うと、色々な業種のインターンに参加しておけば良かったと思っています。

 

僕が業界を調べ始めたのは説明会が解禁してからだったので、色々な業界の企業の説明会に行かなくてはならず、時間やお金を多大に費やしました。

 

インターンに参加して、自分の志望する業界を探しておけばよかったなと思っています。

 

athleteeeee.hatenablog.com

 

また、選考に有利になるわけがないと考えていましたが、どうやらインターンに参加した人は顔を覚えてもらえる、無条件で一次選考通過など、有利になることがあるみたいです。

 

自分が志望する企業にそういった制度がないか調べておきましょう。

 

SPIの勉強は二月から始めた

民間企業の選考にはSPIと呼ばれる、国語や数学の試験があるものがあります。

 

難易度や科目などは企業によって様々ですが、大手の企業には大抵こういったペーパーテスト形式の選考があります。

 

文系で数学が苦手な人で、大学入試が終わってもう数学を見ることはないだろうと思っていた人もいると思いますが、就活で再び数学と再会です。

 

大手の企業に行きたいならば、しっかり準備をしておく必要があります。

 

【主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2020年度版】

【主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2020年度版】

 

 僕は上の参考書を2月に入った頃から始め、丸々一冊暗記する程やり込み、SPIに挑みました。

 

公務員試験の勉強をしている人はSPIを勉強するまでも無い、という話を聞いたことがありますが、出題形式が異なる場合などがあるため、一度はSPIのテキストをしておくことをお勧めします。

 

SPIで落とされるということは一回もありませんでした。

 

三月になり説明会解禁。合同説明会は人によっては行かなくてもいいかも

そして、三月になり、説明会が解禁されました。

 

個々の企業の説明会だけでなく、リクナビマイナビといった就職エージェントが主催する合同説明会も開催されます。

 

この合同説明会ですが、人によっては行く意味が無いかもしれません。

 

僕のようにこの時点で志望業界、企業が決まっていない人や、志望する企業が説明会に来ているといった場合には、各業界や企業を知る機会となったり、志望する企業の社員に顔を覚えてもらえるかもしれないというメリットがあるかもしれません。

 

しかし、志望業界や企業が決まっていて、合同説明会に志望する企業が無かった場合には時間の無駄だと思います。

 

はっきり言って、興味も無い業界や企業の話を聞いても仕方がありません。

 

合同説明会に参加する企業は事前に調べておきましょう。

 

色々な企業の説明会のために東京や大阪などに飛び回り

各企業の説明会に参加し始めたのは三月の中旬頃からでしたが、この時には、すでに自分が志望する業界をある程度決めていました。

 

しかし、まだ業界を完全に絞り切れていなかったため、様々な企業の説明会に参加しました。

 

地元の企業や、東京や大阪といった大都市にある企業の説明会のためにあちこち(それほどでもないですが)飛び回りました。

 

一日に何件も説明会を詰めていたら大変ですが、僕は出来るだけ一日に受ける説明会の数は一つと決めていました。

 

多くて二つまでですね。

 

だってしんどいもん・・・

 

そのためか、時間が多く余っていたので、観光していました。

 

就活をしながら観光・・・ではなく観光しながら就活、といったような感じでした。

 

個別の説明会を受けたのは大体10社程でしょうか。

 

選考開始!意外とすんなり行ける??

三月の下旬頃、初めての面接を受けました。

 

今までの人生の中で面接らしい面接を受けたことが無かったので不安でした。

 

しかし、いざ面接が始まると、面接官の方がとても明るく、気さくな方で、普段会話をしているような感じで面接を受けることが出来ました。(圧迫面接なるものもあるが、僕は圧迫面接には当たらなかった)

 

どの企業の面接も僕が受けた限り、とても話しやすい環境でした。

 

二次選考に進むと、グループディスカッションやグループ面接といったものが増えてきます。

 

僕にとっては、グループ選考はカモでした。

 

グループ選考のコツを知っていたからです。

 

そのコツは、芸人になることです。

 

基本、真面目な態度で選考に臨むのは普通のことですが、グループ選考の場合は違います。

 

いかに他者より目立つかがカギです。

 

グループディスカッションでは必ずと言っていい程、グループディスカッションの締めとして、グループの意見の発表を代表者を決めて行います。

 

僕は毎回必ず発表者に立候補していました。

 

しかし、ただ発表者に立候補するだけでは他の発表者と差を付けることが出来ない。

 

そこで、発表をする時に芸人になるのです。

 

芸人になるといっても、一発芸などをするのではありません。

 

発表の時に真面目な雰囲気を軽く壊すことが出来るようなことを言えばよいだけです。

 

例えば、

 

「もし、このプランを実現することが出来れば、企業とお客様のwin-winな関係だけでなく、従業者である私たちにも関係し、ウィーンウィーンウィーン(ジョジョのカーズ様の如く)の関係を作ることが出来ます!」

 

まあ、適当に考えましたが、こんな感じでしょうか。

 

普段の会話では全く面白くないかもしれませんが、選考中という誰もが真面目取り組む場で実にくだらないことを言うと、目立つことが出来ます。

 

それだけでなく、真面目な場でそのようなことを言えるメンタルも評価してもらえるかもしれません。

 

とにかく目立つ。

 

グループ面接でも同じことです。

 

とまあ、こんなふざけた感じで選考は5社程受けたでしょうか。

 

どの企業も最終選考まで進ませて頂き、また、その中には面接は受けたけれども、志望度が他に比べて高くないというものもあったので、最終面接を受けたのは二社だけです。

 

流石に最終面接ともなると、役員の方々が面接官をされるということもあり、最近の気になったニュースや、かなり突っ込んだ質問をされたりしました。

 

二社受けたうちの一社が、僕が来年度から働くことになる不動産会社で、もう一社が某メガバンクだったのですが、メガバンクの方は、やはり金融系の企業だけあって、質問内容も資産運用の話や、最近気になった経済系のニュース、なぜそのニュースが気になったのかなど、経済系の質問が多かったです。

 

金融系を志望の人は、金融業界のこと、経済系のニュース、株や投資信託などを軽く学んでいた方が良いかもしれませんね。

 

自分の武器を活かせ

正直な所、就活はそれほど大変ではありませんでした。

 

これは、僕が志望した不動産業界が、人の出入りが激しい、売り手市場であるといった理由もあると思いますが、それだけではありません。

 

僕は自分自身の長所をしっかり分かっていたから、上手く就活が出来たのではないかと思います。

 

僕の長所は、

・声が張っており、ハキハキしているので聞き取りやすい(面接官曰く)

・筋トレやサッカーで鍛えているので、ガタイが良く、頑丈そう

・聞かれたことに対して的確に答えることが出来る

・学習意欲がある

・皆に冷たい目で見られても折れない鋼のメンタル

 

ざっとこんな所でしょうか。(自分大好きではありませんよ!)

 

僕の長所とは言っても、これらは頑張れば真似出来ることだと思うので、参考になれば幸いです。(メンタルは真似しなくていいよ!)

 

これはあくまで僕の場合の就活体験であり、他の業種や理系の方には参考にならないかもしれませんが、就活の大体の流れを知ってもらえれば良いなーって思っています。

 

大学三年生の皆さん、まだ時間はあると思っていても、就活の時期はすぐにやってきます。

 

万全の準備をして、自分の働きたい企業に内定を貰えるように頑張りましょう!

 

 

就職四季報2019年版

就職四季報2019年版