生涯アスリートである

自分が学んだことや考えたことをアウトプットしています。

コンタクト使用者はよく手を洗え

皆さん、視力は良いですか?

 

僕は小学生の頃まではとても良かったのですが、中学生になり、ゲームやパソコンをよく使うようになってから視力が段々と落ちていきました。

 

大学生になった今では、コンタクトレンズや眼鏡は必需品になってしまいました。

 

僕はほぼ毎日コンタクトレンズを使っており、2ウィークタイプの物なので日々のお手入れが欠かせないものとなっています。

 

面倒くさいものですが、眼病にはなりたくなかったので、使用期限やこすり洗いを忘れずにしていました。

 

「ここまでしているのだから、眼病にはならないだろう」と、思っていました。

 

しかし、先日朝起きて目を開けると目に異物感を感じました。

 

僕はまつ毛が長く、よく目に入るのでまたまつ毛が目に入ったのだろうと思っていました。

 

目に入ったまつ毛を取ろうとして鏡を見てみると、なんと右目が真っ赤に充血しているではありませんか。

 

まつ毛が入ったまま寝てしまったのか?とも思いましたが、探してみてもまつ毛なんて見つかりません。

 

しかもいつもより目ヤニが多い気がする・・・

 

少し心配になってGoogleさんで調べてみると結膜炎の症状に非常によく似ていました。(これを書いている当時、病院はお休みで開いていませんでした)

 

結膜炎は細菌やウイルスなどによって発症するらしいのですが、なぜなってしまったのでしょうか。

 

その原因を考察してみたいと思います。

 

 

1. コンタクトレンズをちゃんと洗えていなかった

僕が使っているコンタクト洗浄液はこすり洗いが必須な物です。

 

こする回数はコンタクトレンズ1枚につき裏表各30回となっています。

 

 僕はちゃんとこの使用方法を守り、毎回こすっていたのですが、もしかしたらしっかりこすれておらず、コンタクトレンズがしっかり洗えてなかったのかもしれません。

 

2. 1日の使用時間が長すぎた

僕は一応眼鏡も持っているのですが、眼鏡はあまり好きではないので基本かけません。

 

なので、夜寝る前までコンタクトレンズを付けていることが多いです。

 

そして、僕は夜型人間なので、寝るのは大体早朝4時とかになっています。

 

朝から次の日の早朝まで付けて汚れが多く付着しており、コンタクトレンズが上手く洗浄されていなかったのではないかと思います。

 

3. 付ける前に手を洗わなかった

おそらく、これが1番の原因なのではないかと思います。

 

僕は朝、顔を洗ってタオルで顔を拭いてそのままコンタクトレンズを装着するのですが、顔を拭いた後に手を洗っていませんでした。

 

なので顔に付着していた汚れや皮脂などがコンタクトレンズに付着してそれを長時間つけていたためなのではないかと思います。

 

 

 

コンタクトレンズというものは直接目に触れるものです。

 

目というものは、非常に敏感で、人にとってなくてはならないものです。

 

コンタクトレンズに少しでも傷や汚れがあると、目もそれに過剰に反応します。

 

コンタクトレンズは丁寧に、清潔に扱いましょう!