生涯アスリートである

自分が学んだことや考えたことをアウトプットしています。

アブローラーを買って使ってみた

バキバキに割れた腹筋。

 

皆さん憧れますよね。

 

僕自身もある程度は腹筋は割れていますが、これまで特に腹筋をメインにして鍛えたことはありません。

 

せいぜい部活で体幹トレーニングとしてプランクをやっていた程度です。


プランク4種目!正しいプランクのやり方で腹筋を割ろう!

 

僕は過去の記事でスクワットや懸垂などをしている時にも腹筋は使われるから鍛えることが出来ると書きました。

 

athleteeeee.hatenablog.com

 

腹筋は体積が小さいため、個別で鍛えるのは非効率だと考えています。

 

と、腹筋だけを鍛えるのはしない主義の僕ですが、先日Amazonでウィンドウショッピングしている際にある物を見つけました。

 

 そうです。アブローラーです。

 

アブローラーはその名の通り、アブ(腹筋)を鍛えるだけの道具だと思っていました。

 

しかし、アブローラーの使い方から考えると、「もしかして腹筋以外にも効果があるのではないか?」と疑問に思いました。


アブローラーの効果的なやり方!腹筋に効かせるための2つのポイントを解説

 

腕や胸などにも効いていそうですよね。

 

実際に調べてみたところ、腹筋、腕、胸だけでなく、背中にも効き、上半身を満遍なく鍛えることが出来ると分かりました。

 

僕はトレーニングの種目を選ぶ際、多くの筋肉を動員させることをまず第一に考慮しているので、アブローラーはやらなければならないと思いました。

 

すぐさまAmazonでアブローラーを購入し、届いてすぐ箱を開けトレーニングをしてみました。

 

とりあえずまずは膝をついて転がしてみる。

 

なるほど。確かに腹筋だけでなく胸や背中にも効いている気がする。

 

そして膝を軸に転がして引き戻すときにへそを見るようにするとさらに腹筋に負荷がかかる気がする。

 

膝コロが30回ほど出来たので立ちコロも出来るのではないかと思い、立ちコロに挑戦してみました。

 

!?????????????

 

「あれ?視界がいきなり絨毯でいっぱいになったぞ!?さっきまで前にチンニングマシンが見えてたのに・・・(チンニングマシンの目の前でやってました)」

 

見事に失敗して倒れこんでしまいました。

 

膝コロと全然難易度が違います。

 

立ちコロだと全然前まで転がすことが出来ない。

 

転がそうとしても耐え切れず倒れてしまう。

 

どうやら僕の腹筋はまだ未熟のようです。

 

調べたところによると、膝コロで100回程連続で出来るようになると、やっと立ちコロで数回出来るようになるとのことです。

 

なのでまずは膝コロで連続100回を目標に頑張っていきたいと思います!