生涯アスリートである

自分が学んだことや考えたことをアウトプットしています。

競技に合ったボールを用いるべき

よく、サッカーでボールコントロールを身につけるために、テニスボールでリフティングをしたり、家で小さいボールを足で扱う、という話を聞きます。

 

僕が所属していたクラブチームでは、テニスボールでリフティング100回出来ないとまともに指導してもらえない、という制度までありました。(なんとかクリアしました)

 

しかし、僕はこういった本来競技に使うボールより小さなものを扱うことに反対です。

 

確かに小さなボールでリフティングをしてみると、普通のサッカーボールでするより、より芯を捉える感覚、集中力といったものが必要になってきます。

 

芯を捉えることができるようになるため、キックやトラップといった技術は向上するかもしれません。

 

ですが、ドリブルだけは別です。

 

ドリブルというものは芯を蹴って行うものではなく、周辺部を蹴って行うものです

また、スピードに乗ったドリブルをしている時、周辺部をちょこっと触るだけでボールの軌道が変わり、それだけで相手を抜くこともできます。

 

周辺部をちょこちょこ触ったドリブルを僕は多用しますが、その方がスピードに乗った時にボールを扱いやすくなります。

 

テニスボールではボールが小さいため、周辺部を上手く触れず、ボールの周辺部の感覚を養うことが出来ません。

 

そもそもサッカーはサッカーボールで行うので、キックやトラップもサッカーボールで出来ればそれで良いのです。

 

テニスボールで出来る必要はありません。

 

というわけで、練習をする時は競技に合ったボール、サッカーならサッカーボール、フットサルならフットサルボールを使いましょう!